« しっぽ君から愛をこめて | トップページ | 猫パルボ・犬パルボ »

口蹄疫にできる支援

前回、「捨て猫シーズン到来・・子猫を保護したら」の記事を書いた後に

「チラシを作りました」と電話を頂いたり、

「アドバイスありがとうございました」とメールも頂きました。

こちらこそありがとうございます。

少しでも参考になり一匹でも多くの犬猫達に

新しい飼い主さんが決まることを願ってます。

 

先日の猫を保護した際の感染症の続きを書いていたのですが、

書き掛けのままなかなか進まないでいます・・

宮崎県は本日、非常事態宣言が出されました。

口蹄疫のニュースには胸が痛むばかりです。

ウイルスの猛威の前では人間は何もできないのでしょうか・・

感染症を防ぐことの難しさを改めて感じています。

 

口蹄疫は牛、羊、豚など蹄が2つに割れている偶蹄(ぐうてい)類の動物しか

感染・発症しないといわれていますから猫や犬は感染・発病はしません。

感染した肉は市場に出回ることはありませんし、

万が一肉を食べても人に感染・影響することがないので安心してください。

 

川南町は日本三大開拓地のひとつと聞いたことがあります。

昔、四国や九州、本州からもやる気のある人たちがたくさん

新たな地に夢を見て移住して来た町が川南ようです。

私も川南町に友人が数名いて、

若者は皆やる気があって事業や商売、農業にとても熱心でした。

「九州男子」sign01・・宮崎は九州男児は当てはまらない・・とよく言われますが(失礼)

以前から川南男子は「九州男子」sign01という呼び名がぴったりのように感じていました。

どうか口蹄疫に負けないでほしいと祈ります。

昨日はとうとう新富町でも口蹄疫が確認されたと聞きました。

新富町では知り合いが大きな牧場を営んでいて、

「○○牧場」というブランド牧場名は、レストランや百貨店でもよく聞くことができます。

畜産・酪農家さんも手塩にかけて牛を大事に大事に育てていることを

とても大切に可愛がっているのを、私は知っています。

・・これ以上、感染が被害が広がらないことを遠くから祈るばかりです。

殺処分された牛、豚を国が補償しても

畜産・酪農農家さんは莫大な借金が残るだけです。

牛舎や機械など牧場設備には数千万~億掛かるといわれています。

口蹄疫が発生し、敷地内で埋去処分した農場では

これから5年間は牛も豚も飼えません。

その土地は誰か買いますか? その期間の生活は・・?

発生農場・施設は既に126カ所・・

畜産一筋50年の農家さんもいました・・

結婚したばかりのご夫婦、子どもが生まれたばかりの畜産・酪農家さんもいます・・

日本一美味しいチースを作る為に川南の地を選んだ酪農家さんもいたのです。

川南町、宮崎県の財政再建には国の支援が必要です・・。

 

自分は何もできないんだな・・と考えていたら、「ふるさと納税」のことを知りました。

川南町のホームページにも掲載されています。

ふるさと納税は、自分の故郷だけでなく、

自分が税金を納めたい、応援したいと思った自治体を自由に選ぶことができます。

宮崎県のホームページからは電子申請・クレジットカードで納税ができます。

宮崎県以外から口蹄疫のニュースに胸を痛めていらっしゃる方は、

元々納めるべき税金をぜひ「ふるさい納税」という形で

川南町・宮崎県に支援を行ってはいかがでしょうか?

 

それから以前お世話になった県の衛生管理課にいらっしゃった職員さん達も

現在は畜産担当とお聞きしています。

私が動物愛護の活動を始めて一番に保護した猫は4年前の今頃の季節、

NOSAI連宮崎の倉庫で生まれた可愛い子猫でした。

私が初めて「飼い主募集」のチラシを作った子猫です。

皆さん、牛も猫も大好きな心優しい職員達さんで、

その時にはじめて畜産獣医師という存在を知りました。

NOSAI連の方は今でも私のブログに訪れてくださっているようです。

大変な事態に休む間もないのではないでしょうか?

県関係者、保健所の皆様もどうぞお身体大切に頑張ってください。

|

« しっぽ君から愛をこめて | トップページ | 猫パルボ・犬パルボ »