« 2011猫ちゃん写真コンテスト入賞作品発表♪ | トップページ | うるるの巣立ち »

ビオラ基金へのお礼

うたたね写真展2011は店内カフェコーナーに展示してございますhappy01

可愛い猫、面白い猫がたくさんです。

ううたねにご来店の際は、ぜひご覧になってくださいね。

P1030457

そして、朝日新聞にも写真展と優秀賞作品が掲載されました。

Img_2487

取材いただいたのは猫が大好きな記者さんでしたhappy01

Kakoxquvtkjq3u6d6mn0   

 

昨日はペットショップるんるんさんから

猫スタッフたちに豪華note雛祭りのプレゼントがありましたpresent

ありがとうござましたm(_ _)m心よりお礼申し上げます。

P1030459

うたたねの猫たちだけでは食べきれないくらいありますので

保護活動をしていらっしゃるボランティアさんにも配らせていただきますね。

あと今月も温かいビオラ基金をいただきました。

うたたねが開店して以来、毎月いただいている寄付金ですm(_ _)m

ビオラ基金はるんるんさんが保護した瀕死のノラ猫ちゃんの名前が由来しています。

2008年5月、るんるんさんの敷地で

難産のせいで出産途中で瀕死になってしまった足のないノラ猫ちゃん…、

るんるんさんに保護されて動物病院に運ばれ帝王切開で一命を取り留めた母猫です。

動物病院でるんるんさんにお会いした時に

「ノラ猫の為にこんなに一生懸命になられる方がいらっしゃるweep」と

感動したことを今でも覚えています。

ビオラの花の上にいたので母猫は「ビオラ」ちゃんと名付けられ、

その後、子猫も良いご縁がありみんな幸せになりました。

ビオラちゃんはるんるんさんでなければ助けられなかった命です。

ここなら自分を助けてくれると信じていたのだと思います。

それ以来、るんるんさんとお客様が続けてくださっているのが

「ビオラ基金」という募金ですm(_ _)m

足のないノラ猫ちゃんの大変な出産記録と素敵なビオラの名前の由来、

ご興味のある方は、るんるんさんのDIARY

2008年5月27日~28日を読んでみてくださいね。

昨日今日はまた寒くなりましたが、春はもうすぐ、

子猫の出産シーズンも到来しますsweat01

ボランティアさんやうたたねで保護されて幸せになる子猫はほんの僅かです。

Img47afdfc5zik1zj Img30572896zikbzj

多くの子猫は保健所に持ち込まれて殺処分されたり、

カラスに食べられたり、感染症や事故で死んでしまいます。

保健所で殺処分される80~90%が生まれたばかりの子猫たちです。

殺される為だけに生まれてくる”いのち”が少しでも減りますように…。

どうか、飼い猫はもちろんですが、

お外でご飯をあげている猫ちゃんにも不妊去勢手術を受けさせてください。

これ以上、不幸なノラ猫が増えませんようにと祈ります。

|

« 2011猫ちゃん写真コンテスト入賞作品発表♪ | トップページ | うるるの巣立ち »