« 募金箱6月分のお礼 | トップページ | 幸せに暮らす猫たち »

石巻動物救護センターの引越し

車に付いてる車外温度計は毎日32度~38度…、

台風前の暑い暑い石巻に行ってきましたsunsweat01

7月の石巻動物救護センター は猛暑の中、

全国から駆け付けた多くのボランティアが

100頭以上の犬猫たちの引越し作業に汗を流していました。

Img_3669_4

下水道処理場にあった仮設から移動して、

新たに完成した動物救護センターはプレハブの二階建て、

国道の高架下で日陰も多く犬のお散歩コースも随分と広くなりました。

Img_3673a

新たな隔離室は震災チャリティープロジェクト・どうぶつ家族の会

寄贈してくださったコンテナシェルターです。

瓦礫の中から救助され猫たち

ほとんど回復に向かい元気を取り戻しつつあります。

一時間も作業すれば汗と砂埃で真っ黒になるのですが、

私は2日続けてお風呂の受付時間、PM8:30に間に合わず、

宿泊所で深夜の水シャワーのみ…sweat02も経験いたしました。

現在、石巻で営業しているお風呂は、

道の駅・上品の郷の「ふたごの湯」のみ、

石巻で活動したほとんどのボランティアがお世話になっていると思います。

Img_3290a_2

石巻の温泉は鉄分だっぷりの赤茶のお湯、

3日ぶりの温泉は最高でしたspa

そして今回私が滞在中に、

ずっと心配していた6匹の猫たちに飼主さんが見付かりました!

センターの存在が被災者の方達にもようやく広まりつつあるようです。

震災から4ヶ月を過ぎての涙の対面に私も同席することができましたが、

面会や返還に立ち会えることは、

長く動物のお世話をしているボランティアにとって

一番嬉しい瞬間でもあります。

石巻地区の仮設住宅の多くがペット可です。

一日も早く仮設住宅が完成して

家族みんなが一緒に住める日がくることを祈ります。

石巻獣医師会の被災した先生方の動物病院も

ようやく片付けや内装工事が終わり、動物病院再開となりました。

再開した動物病院を訪問して先生からお話を伺いましたが、

自分自身も被災した中での動物救護活動は大変な苦労があったと思います。

動物たちへの愛情、責任感、熱意、

石巻では多くのことを学ぶことができました。

長期に渡る被災動物の保護活動に引続きご支援をお願いいたします。

追伸~宮崎でも毎週末、各動物愛護団体が

保護した捨て猫や捨て犬の飼主さん探し・譲渡会を開催しています。

うたたねにもたくさんの可愛い子猫たちが、

優しい飼主さんとの出会いを心待ちにしていますheart04

犬猫と暮らしたいと思う方は、

ぜひ、うたたね、譲渡会、保健所などにいらしてください。

|

« 募金箱6月分のお礼 | トップページ | 幸せに暮らす猫たち »