テレビ・新聞・ラジオ・ニュース・映画

映画「犬と猫と人間と」試写会

17日、宮崎キネマ館でドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」の試写会と

飯田監督の舞台挨拶が宮崎ペットワールドの生徒さん達を対象として行われました。

参加された学生さんの感想を少しお聞きしましたが、胸を打たれる内容ばかりで、

皆さんしっかりとこの映画を見て頂けたことが分かりました。

 

そして、実は直前に飯田監督より

「猫カフェうたたねに行ってみたい」とお電話があり、

前日うたたねにも遊びに来てくださいましたheart04

急遽のご来店だったので、お客様に告知が出来ませんで申しわけございません。

もう少し早く準備が出来ていれば、

「予告編上映会&監督トークゲスト」でお客様を御招待できたのにな~と残念ですが、

うたたねスタッフと、御一緒くださいましたフリーペーパー瞳としっぽのお二人とも

色々とお話が弾んだようです。飯田監督も猫ルームでも遊んでいかれ、

そして、なんとsign03猫カフェうたたねの写真コンテストの審査員にもなって頂きましたshine

ありがとうございます。

猫カフェうたたね写真コンテストの発表は20日(日)の予定、

皆さん、楽しみにお待ちくださいね。

 

「犬と猫と人間と」は2月20日から2週間の予定で宮崎キネマ館で上映されます。

メリージュ3階では、猫カフェうたたねの猫たち&コンテスト写真を100枚&

映画にも登場する横浜の地域猫の写真の展示、

キネマ館のある2階では、各動物愛護団体のパネル展も開催されます。

ぜひ皆さんも映画をご覧になって感想を教えてくださいね。

Bimg_9254

横浜の公園猫君、お耳に「不妊去勢手術済み・地域猫」の印があります。

私が撮影した猫たちの写真を100枚ほど展示予定です。

|

映画「犬と猫と人間と」を観て

猫カフェうたたねnotesホームページはこちらから

猫カフェうたたねcamera写真館はこちらから

 

先月発行の犬猫フリーペーパー「瞳としっぽ」に、

『映画「犬と猫と人間と」を観て』という映画の感想を寄稿いたしました。

Img_0242_3 

フリーペーパーは宮崎市の動物関連の店舗等で無料で配布されていますが、

この映画は、たくさんの方に観て頂きたいと思っていますので、

私のブログにも掲載させて頂きますね。

映画は、2月20日から宮崎キネマ館で2週間の予定で上映されます。

また、フリーペーパーに映画鑑賞割引券が付いていますので、ぜひご利用ください。

*****************************************************************

映画「犬と猫と人間と」を観て

                   猫カフェうたたねowner

「犬と猫と人間と」。題名を観て「すごいな」と思った。この監督は動物愛護の本質を分かっている人だなと。私自身も4年間の活動を通じて、動物愛護は犬猫相手ではなく人間相手の活動だということを学んだ。日本では年間30万匹以上の犬猫が保健所に引き取られたり迷子で保護されたりして殺処分されている。犬猫たちの置かれた現状を改善するために変わる必要があるのは「犬と猫」ではなく「人間」自身である。飼っている犬猫を無責任に捨てたり、不妊去勢手術を怠って不幸な命を増やしたり、「引っ越し」や「年を取ったから」と安易に保健所に持ち込む人間たち。そんなひとりひとりに命の大切を訴え続けること、それが動物愛護活動の核ように思う。そしてその活動が一番大変だということも私たちは知っている…。

「動物愛護」と聞いただけでテレビのニュースや番組を観られない方も多いと思う。でもこの映画は、悲惨や可哀想…だけのシリアスな映画ではない。無邪気に遊ぶ犬猫たち、命に対して真っ直ぐ純粋な子供たちの姿を見ていると、何か希望の光のような、温かいものに触れた時のような感動が残った。未来は変えられるのではないかという前向きな気持ちにもなることもできた。

たくさんの子供たちに観てほしい。「どんな小さな命も尊いんだよ」ということを、大人になっても忘れないでほしい。何も知らない大人たちにも観てほしい。日本で飼育されている犬猫の数は既に子供の数より多く、ペットは供給過剰であることを。殖やされ続けた行き場のない犬猫たちは、毎年大量に殺処分され、それには私たちの大切な税金が無駄に使われ続けている。この愚かで不幸な連鎖を止めることができるのは私たち人間でしかないことに気付いてほしい。そして、動物愛護に関心がある人、動物愛護の活動を続けている人にもぜひ見てほしい。自分たちと同じ様な悩みを抱え、模索しながら活動をしている人の姿を見て、少しほっとして初心に戻る余裕ができるかもしれない。

知らない、無関心が病んだ現代社会を作り上げている。この映画を観たひとりひとりが「自分にできることは何だろう」と考えることで社会は必ず変わっていくと信じている。

 渋谷ユーロスペースでこの映画を見た私は、飯田監督とゲストの皆様と一緒に食事をする機会があった。トークゲストで科学作家の竹内薫さん×藤井かおりさんご夫妻は「保護した猫たちの猫カフェ作ることが夢」と、猫カフェについて色々お尋ねくださった。「野良猫学入門」というホームページで地域猫活動を東京で続けられている獣医師のちゃま坊さんは、後日自身のブログで「不幸な猫を減らす猫カフェ」として猫カフェうたたねを「新しい風」と紹介して下さった。ありがたいことである。私の夢は、ノラ猫や捨て猫がいなくなり「保護猫としての猫カフェ」の役目を一日でも早く終えることである。そんな日が来ることを心から願っている。

猫カフェうたたね http://necoutatane.web.fc2.com/

2008年10月、宮崎市にOPEN。捨て猫や保護猫、保健所から引き取った猫たちが、お客様をもてなしながら新たな飼い主さんとのご縁を待っているカフェ。オープンから昨年末までに35匹の猫たちが優しい飼い主さんのもとに巣立っている。

*****************************************************************

映画の上映に合わせて、ホテルメリージュ3階にて、パネル展を開催いたします。

映画「犬と猫と人間と」に登場する、

横浜のある公園の地域猫達たちの写真も展示いたします。

地域猫活動の盛んな横浜の公園猫たちもぜひ見に来てくださいね。

うたたねで開催していました猫ちゃんの写真コンテスト、

皆様から応募頂きました写真100枚sign03をすべてホームページに展示しています。

たくさんのご応募本当にありがとうございましたheart04

応募頂きました写真も、すべてホテルメリージュ3階に2週間展示させて頂きます。

|

フリーペーパー「瞳としっぽ」発行

宮崎で犬猫フリーペーパー「瞳としっぽ」が創刊されましたhappy01

このフリーペーパーには、飼い主さん募集情報や迷子、

そして各動物愛護団体の譲渡会情報など、

また可愛い犬猫情報、楽しい案内もこれから掲載される予定です。

この4年間ほどNPOの活動を通じてインターネットを使い、

会員さんも私も犬猫の置かれた現状を発信してきましたが

全国平均に比べ、インターネットの普及率が低い宮崎県で

もっと広く県民に情報を知ってもらうにはどうしたにいいかとずっと考えていました。

編集は私もほんの少しお手伝いしています。

このフリーペーパーがそうした情報発信の第一歩になればと願っています。

1

犬猫フリーペーパー「瞳としっぽ」は、

猫カフェうたたねにも置いてあります。

ぜひ手にとってご覧になってくださいね。

素人編集部員が試行錯誤を重ねcoldsweats01

ようやく完成した創刊号です!

 

来月発行は、もっと可愛く、内容もパワーアップする予定で~すup

 

また、東京では21日に「瞳としっぽ協力委員会」により、

チャリティーコンサートが開催されました。

宮原彩さんのライブや児玉小枝さんの「動物たちのレクイエム」写真展、

「犬と猫と人間と」の予告編上映や動物たちへのトークイベントが行われました。

会場のJ-POP渋谷は満員御礼happy01笑いあり、涙あり、感動ありで、

たくさんの方達に動物愛護のメッセージが伝えられたのではと思います。

091221_183238

司会の服部美貴さん、、

ゲストの心音さん、RAW-RECさん、

そして、宮原彩さんです。

動物好きの皆さん、

楽屋ではずっと犬猫談議が続きました。

青春時代の一時期を宮崎で過ごした心音のCHIKAさんのお家では、

幼少時代からずっと保健所から犬を引き取っていたそうで、

虹の橋に旅立った愛犬に作った歌、「風になって」は本当に感動してしまいました。

なお、受付に私がひっそりと置いた募金箱には2000円弱の寄付がnotes

こちらは、フードに変えてNPOみやざき動物のいのちを守る会に寄付させて頂きます。

 

「瞳としっぽ」チャリティー委員会では、

1月9日、10日に福岡で開催される「福岡ペット博」にも参加いたします。

メインステージでは宮原彩さんのライブもありますので、

お近くの方は、ぜひ遊びに来てくださいね。

数万人が来場する日本一のペット博、

「ペットは可愛い」だけの方達にも

犬猫の置かれた現状を少しでも知って頂ければと願っています。

|

筑紫哲也シンポジウム&ミニライブ

筑紫哲也さん逝去から一年、

「筑紫哲也とテレビ報道・シンポジウン&ミニライブ」に

TBS赤坂サカスへ行ってきました。

筑紫さんが長年キャスターを勤めたニュース23の映像が

ロビーや会場のあちらこちらで流されいているのを見て、

私の人生で1番見たTV番組は、

間違いなくニュース23だと気付かされました。

筑紫さんは、私の今の考えや思考に最も影響を与えたひとりな訳です。

草野光代アナウンサーと佐古アナウンサーが司会進行をされ、

ゲストが登場する度に中央のモニターに当時の筑紫さんの映像が流されると

生でニュース23を観覧しているような、

タイムスリップしたような不思議な感覚になりました。

ゲストのひとり、Cocooの「沖縄で最も愛された哲也」の話には

草野アナウンサーも会場も笑い涙しました。

沖縄戦や沖縄の文化伝統を日本に広めたのは筑紫さんの功績でもあります。

私の人生に影響を与えたもうひとりのゲスト、宮沢さんの歌を聴き、

歌の力ってすごいなぁ~と改めて感じた夜でもありました。

「歌や芸術は時代のカナリア」と

報道番組のスタジオに歌手や文化人を招くというスタイルも

筑紫さんがニュース23で初めてされたそうです。

今日は、犬猫に関係のない内容でしたが、

「権力へのwatch-dog」が信念で

「watch-dogこそジャーナリズムの最大の仕事」と最後まで貫いた

猫耳をつけた哲也に愛と哀悼を込めて・・catface

091212_175451

さて、筑紫さんが亡くなられてからは、

すっかり、日本テレビ NEWS ZEROな私です。

熊本愛護センターの特集第2段が放送されました。

「すごい」の一言、殺処分ゼロはやればできるんだと改めて思いました。

12/2(水)22:54~ 日本テレビ NEWS ZERO
You Tubeにアップされていますので見逃した方はご覧下さい。
「犬猫殺処分ゼロへ激減、なぜ可能に?」熊本市動物愛護センター

|

ニュースZERO


昨日の日本テレビ、NEWSZEROを見られた方も多いかと思いますが

熊本市動物愛護センターの取り組みが紹介されました。

宮崎市と熊本市、お隣の同じような規模の市なのですが

犬猫の殺処分数は大きく違います。

熊本市も10年前は1500頭以上殺処分されていた犬猫、

それが今年度の犬猫の殺処分数は僅か4頭だそうです。

どのような取り組みでここまで殺処分数を減らすことができたかは、

今後もNEWSZEROの特集で放送されますので

ぜひ皆さんに見て頂きたいと願っています。

熊本市動物愛護センターへは、

ここ数年全国から多くの行政職員、動物愛護団体も視察へ訪れています。 

私も宮崎で動物愛護の活動を始めてしばらく経った2007年に

NPOの皆さんと外山議員とご一緒に熊本市と神戸市に視察に行きました。

職員さんのお話を聞いて、同じ行政でもこんなにも違うのかと大変驚き、

でも、宮崎でも絶対できるんだとの自信にもなりました。

その後、外山議員は県議会で犬猫殺処分の問題を取り上げてくださり

宮崎県に「ひまわりの家」ができるきっかけにもなりました。

以前から動物問題に取り組まれていた宮崎市の鈴木いっせい議員や、

宮崎県、宮崎市保健所職員さん達も視察に行かれ、

宮崎の動物行政も随分と前進いたしました。

神戸市動物管理センターでも大変参考になるお話を聞くことができ、

異なるふたつの行政視察はとても勉強になりました。

神戸市動物管理センターは映画「犬と猫と人間と」にも登場します。

こうした動物愛護センターの取り組みが

NEWSZEROや映画で紹介されるようになったことをとても嬉しく思います。

 

12/2(水)22:54~ 日本テレビ NEWS ZERO
You Tubeにアップされていますので見逃した方はご覧下さい。
「嫌われる行政になろう」熊本市動物愛護センター

|

映画「犬と猫と人間と」

映画「犬と猫と人間と」を渋谷ユーロスペースで見てきました。

トークゲストが猫好き科学作家の竹内薫さん×飯田監督ですから

ロビーまで人がいっぱいnotes満員御礼でございましたhappy01

悲しいだけの、シリアスなだけの映画ではありません。

見終わった後に、温かな小さな希望の見える映画ですshineshineshine

犬猫が大好きな方に、動物愛護には何の関心もない多くの方々に

ぜひぜひ見て頂きたい映画です。

そして、動物愛護に関わっている方にも絶対見て頂きたいのですsign01

どこで、どんな形でも動物愛護に関わっている方達の悩みは一緒なんだな~、

みんな悩みながら、模索しながら活動を続けているんだな~と

なんだか「安心」と「勇気」をもらえる映画でした。

監督にこの話をしましたら

「この映画を見て安心しましたと言う感想は初めてです」と苦笑されていましたがcatface

宮崎での上映はまだですからストーリーについてはこの辺で・・・。

映画の感想はこちらから・・様々なゲストのコメントを読むことができます。

 

映画はアニマルポリスを誕生させようのkanakoさんにお誘い頂き、

見終わってから、飯田監督と竹内薫さん、藤井かおりさんご夫妻、

そして、なんとsign01渡辺真子さんノラ猫学入門のちゃま坊さん

お食事までご一緒させて頂きました。

渡辺真子さんといえば、動物愛護に携わるほとんどの方が読んでいるであろう、

捨て犬を救う街  /渡辺真子/〔著〕 [本] 『捨て犬を救う町』や

『小さな命を救う人々』の著者、

優しい言葉で紡がれる文章、

私も大好きな作家でございます。

 

ちゃま坊さんといえば、

猫が大好きで、可哀相なノラ猫に心痛めている多くの方が参考にしているであろう

『のらねこ学入門』の管理人様でございます。

まんが「ミャーコと地域猫」全編必見ですeye

私だけ場違い・・・sign02と、己の知識の低さにドキドキしながら、

でも、竹内薫ご夫妻は「保護猫としての猫カフェ」にとても興味を持って下さり、

皆様の輪に楽しく参加させて頂きました。

ちゅま坊さんは何をされている方なのかしら・・と

のらねこ学入門を見て知識の多さ深さを不思議に思っていましたら

ご職業を聞きまして・・・納得sign03 「なるほど~sign03」でした。

最近では行政からも地域猫セミナーへの協力依頼が多いとのことで

「ぜひ宮崎へもsign01」とお話させて頂きました。

宮崎市保健所、宮崎県の関係者の皆様~、

地域猫セミナーへの第一歩がスタートできますよ~。ぜひ来年は実現させたいです。

犬猫を通じて様々な方とご縁ができることに心から感謝、

私も少しずつできることを続けていきたいなと願った夜でした。

まずは映画「犬と猫と人間と」を宮崎で上映をsign03

また宮崎だけ上映ないじゃんsweat01sweat01sweat01てことにならないようにsweat02sweat02sweat02

宮崎キネマ館様宮崎文化本舗の皆様どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

|

犬と猫と人間と

「犬と猫と人間と」という映画が明日10月10日から公開されます。

この映画作りは4年前のある日、映画館のロビーで

飯田監督がひとりのおばあさんから声を掛けられたところからはじまりました。

「自分の生命保険がもうすぐ満期になるので、

それを資金にして動物たちの命を大切さを伝える映画を作ってほしい」

これこそ映画のようなお話ですね。

その女性、稲葉恵子さんは今までもたくさんの動物を保護して助けてきたのですが

もっとたくさんの人に、もっとたくさんの動物たちに影響を与えられることを願い

自身の財産を使い映画を作ることを選択されました。

保護しても保護しても捨てられる動物たちの命、

ペットブームの陰で、全国の保健所・管理所では、

一年で30万匹以上、一日で1000匹も殺処分されている犬猫たちの現実。

悲しいだけの映画ではないようです。

この映画を見て、ほんの少し未来を変える人たちが増えることを祈っています。

宮崎ではまだ上映の予定はないようですが

この映画を多くの方が知って見て頂ければと願っております。

Inuneko2

私は来週見てきます。感想はまた後日・・・

|

MRTラジオ、5日(木)の動物カフェ

MRTラジオ、5日(木)放送の「動物カフェ」のゲストは、

宮崎大学ボランティアサークル「びいだま」の皆さんです。

10項目の試験に合格した「びいだま犬」と児童福祉施設を訪れて

一緒に遊んだり、勉強を教えたりと活動している学生さんお話をお聞きまします。

どうぞ木曜日の夕方6時30分からのON AIRをお聴きくださいね。

宮崎大学「びいだま」のホームページはこちらから

|

忘文の手紙

「忘文」で稲垣吾朗くんが読んだのは、延岡の「ペットシッターミケの一日。」さんからのお手紙でした。ミケさんとは出会いは、200610月、お互いに会のボランティア活動を始める以前、1匹の猫からの縁。とても心温まるお手紙でしたのでブログでもご紹介させて頂きますね。

2009021522510000

   

 

 

 

 

 

 

「ペットロス それがあの頃の私の状態でした。長年共に暮した最愛の猫をガンで亡くし、気が付けば涙を流しているような日々。ネットサーフィンをして、亡くなった仔に似た猫を見つけてはじっと見入るのが日常になっていました。

そうこうしているうちに、智子さん、あなたが保護猫の里親募集をしていたホームページにたどり着いたのです。私が心を惹かれたのは、仔猫の「すもも」の姿でした。車のボンネットからあなたが傷だらけになりながらも救出した野良の三毛猫。亡くなった仔には似ても似つかぬ「すもも」でしたが、なぜでしょうか?「この仔に会ってみたい」と強く思ったのです。

連絡を取り合うようになって、ほどなくして智子さんは、宮崎から延岡まで車で2時間もかけてきてくれましたね。そうです「すもも」を連れて。

2年前のあの日が、智子さんとの初対面。そして「すもも」との出会った日。私の世界が大きく変わろうとしていたとは、その時、知る由もありませんでした。

私の腕に「すもも」はポンッと入ってきましたよね。だけど「シャーシャーフーフー」と威嚇を止めません。それを見ていた智子さんが「良かったぁー、他の人だと抱かれもしないんでよす。佐藤さんのところに連れてきてよかったぁー」と言ってくれましたよね。

動物を愛する者同士、私たちは初対面の時からずいぶんと打ち解けて話すことができましたね。

私は心の中で温めていたペットシッターになる目標を、智子さんは不幸な犬や猫たちをどうにか幸せにしてあげたいということを、時間を忘れて話しましたね。出会ってすぐに意気投合できたことに、何か深い縁を感じました。亡くなった猫の眠姫(ミンキー)と「すもも」が引き合わせてくれたのかもしれません。そうそう、シャーシャーフーフーしてばかりいた「すもも」、今ではすっかり肥えてまるーくなりましたよ。

智子さんと出会わなければ、動物愛護活動に目覚めることはなかったでしょう。「みやざき動物のいのちを守る会」に入会することもありませんでした。ペットロスでただ落ち込んでいた私の世界を大きく変えてくれた智子さん、あなたに本当に感謝しています。

あなたに勇気づけられながら、無事に私はペットシッターとして開業することができました。今では犬猫のことが仕事。空いてる時間には、犬猫の保護活動です。もう毎日が犬猫三昧といえるほど充実していますよ。

話は変わりますが、あなたの前向きな姿勢にはいつも頭が下がります。実は、「猫カフェ」をやりたいという話は2年前からしていましたよね。その時は、ただの夢の話と思っていました。だけどあなたは、忙しい中でも開業に必要な資格を着々と取ったり、必要な手続きを調べたり、具体的な努力を続けていましたね。

そして今年10月の「猫カフェうたたね」の開業、おめでとうございます。純血種ばかりを集めた「猫カフェ」ではなく、保護猫と里親の出会いの場にするための猫カフェです。智子さんらしい温かみが伝わってきます。棄てられたりした不幸な猫を保護して、猫カフェで過ごさせる。たくさんのお客さんに出会うことによって、いつしか猫たちは、やさしい里親さんに引き取られていく。そんなすばらしい場を作り上げることができましたね。

一言で保護猫で猫カフェ、といっても大変な苦労があることを私は知っています。まず、保護してから数ヶ月は他の猫との接触を避けながら世話をしなくてはいけません。病気の有無や性質を確かめながら、ワクチンの摂取も必要です。愛情をたっぷり注ぎ、面倒を見てから、ようやく猫カフェの一員になれるんですよね。

智子さん自身の苦労も大変でしょう。多くのボランティアの方の協力も必要なのでしょう。でも、たくさんの人が手をさしのべてくれるのは、智子さん、あなたの人柄によるところが大きいのだと思いますよ。明るく優しいあなたに惹かれ、役に立ちたいと思う人は、私をはじめ多いのだと思います。

これからもあなたの活動を支えていけるように私も頑張りますからね。そして「猫カフェうたたね」から多くの猫たちが幸せに巣立ってほしいと強く願っています。また近いうちにお会いしましょうね。お話ししたいことは、まだまだたくさんありますよ。」070107_08190001

      

      

      

    

    

    

       

      

    

    

   

   

   

放送後のある日、猫カフェうたたねに偶然ある方が来店いたしました。この方の車のエンジンルームに子猫の「すもも」は入り込んで私の会社までやって来ました。1匹の子猫が人生を変えるほどの大切な人との出会いを生んだのです。すもも、あなたとの不思議な出会いに心から感謝しています。そして、この方は児童養護施設で指導員をされていて、先日会から2匹の子犬を施設に譲渡しました。忘文の放送とすももの手紙の話をしたら本当に驚いていました。

090220_010Img367bfc60t3ht3g

      

    

   

 

 

宮崎では放送がなかったのでフジテレビさんからDVDが届きました。

ありがとうございました。

090223_2

|

ラジオ♪政務秘書吉川敏夫のひしょひしょ話

猫カフェうたたねnotesホームページはこちらから

猫カフェうたたねcamera写真館はこちらから

毎週火曜日は定休日ですが

猫ちゃんのお世話はありま~すcatface私は休みなしで~すcoldsweats01

お世話もありますが

本日はMRTラジオ人気番組、

「政務秘書吉川敏夫のひしょひしょ話」のゲスト収録に行ってきました。

吉川さんとは昨年「宮崎の子犬を横浜の自宅に連れて帰りたいnote」ということで

ご希望の子犬を探して、1ヵ月ほどパピーシッターとして我が家でお預かりしたご縁、

私が育てたクロ丸君は、超わんぱくワンコとなって、現在は横浜に住んでいます。

Photo

甘えると未だに

「ガルル」と噛むそうでhappy02

どうやら私の子育ては失敗sweat01失敗・・・sweat01

これに懲りて、

私、子犬のお預かりは、

もう一切しておりません・・・sweat01

まぁ、わんぱくはクロ丸君の素質ですね、

1ヵ月で我が家は家具もカーペットも

私の手もボロボロ・・・down                                         

東国原知事の犬好きは有名ですが

(愛犬が亡くなったペットロスで未だに犬が飼えません)

吉川秘書も犬も猫も大~好きなんですよ。

バックの中には愛猫の写真、携帯電話も愛犬の写真heart04

とってもうれしそうに見せてくださいました。

ということで、番組も楽し~い犬猫の話で終始しております。

動物カフェとは違った・・・sweat02かなり大人の番組です。

それでも上岡アナウンサーに

「啓発の話はどんどんしなさい」とお墨付きを頂きまして

そこの部分もしっかりしてまいりました。

ON AIRは本日18日水曜日、夕方6時30分~、どうぞ、聴いてみてくださいね。

090217

                    

とっても楽しい吉川さんで~すnotes

          

       

        

稲垣吾朗君の「忘文」は、こんな感じでしたheart01

2009021522510000

|